仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと

仕事をすることが困難な時

悩む男性

手当をもらう選択

うつ病になると仕事に行くのが困難になる場合があります。中には通院しながら仕事に行っている人もいますが、仕事によっては更なるストレスを受けてしまい病状が悪化してしまう場合もあります。放っておくと命の危険もある病気なので慎重に治療を進めていく必要があります。病気で働けない人の為にある制度で傷病手当金があります。毎月の生活費を確保するために活用出来る制度です。収入的には、給料の三分の二を最大に一年六カ月の間支給されます。しばらくは生活費を確保出来ますので、治療に専念することが出来ます。傷病手当金とは、会社員であれば加入している健康保険からの支給になります。その為業務外での病気やケガでないと支給対象外となってしまいます。その理由としては、業務が原因の病気やケガには労災保険から支払われるようになっているからです。うつ病で傷病手当金を受給するための条件として、労務不能であるという条件が必要になります。労務不能かどうかの判断は一概に基準が設けられていません。個別判断がされています。

傷病手当金を受給するには、他にも要件があります。待機期間3日を過ぎていること、傷病手当金が支給されている間は給料の支給がないこと、保険加入期間が1年以上あることなどが挙げられます。また休職中に会社を辞めてしまった場合、手当金が打ち切りになります。この制度は病気やケガによって働けない人にとっては非常に助かる制度です。しかし、この制度を知らない人も多くいます。日頃から知識を身に付けておく必要があります。人によってはうつ病などでは支給出来ないと認識している人もいます。傷病手当金を受給するメリットはあってもデメリットは中々見つかりません。デメリットとしては、病気やケガが回復していなくても一年六カ月で支給が打ち切られてしまうことです。治療をしながら生活設計も考えていく必要があります。特にうつ病は非常に長期間治療を続けている人も大変多いので障害年金なども併せて検討してみると安心です。治療は症状を改善し安定化させること、病気が落ち着いたら社会復帰が出来ることなどが重要なポイントになります。

Copyright© 2019 仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと All Rights Reserved.