仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと

生活に困ったら

悩む男性

特徴と準備の内容はどうか

一度うつ病になってしまうと、なかなか自力で治すのは難しくなります。この場合には、悪化してしまうこともあるでしょう。社会人がうつ病を悪化させると、会社に行くことができなくなることも少なくありません。会社に行こうとすると、吐き気や胃の痛み、ひどい時には発熱することもあるでしょう。会社に行けなければ収入が途絶えてしまいます。収入が途絶えると、たいていの人は生活することができませんが、このようなとき傷病手当金をもらうことができます。うつ病で傷病手当金をもらうことができるかが問題になりますが、問題なくもらうことができるとされています。ただし、傷病手当とは仕事でけがや病気をした場合にかぎられます。そのため、仕事が嫌でうつ病になった場合ならばもらうことができますが、仕事と関係ない場面、例えば恋人に振られてそれがきっかけでうつ病になってしまった場合にはもらうことはできません。どのようにそれを証明するかが問題です。基本的には、医者が診断書を書いてくれますので、仕事が原因でうつになったことの因果関係が記載されていれば申請可能です。

うつ病で傷病手当をもらう場合の準備方法ですが、準備をする前にまずどのようなところからお金が支払われるかを知っておく必要があります。この点、国の方で支払ってくれるのではないかと考えている人もいますが、実際には国が支払ってくれるわけではありません。国が支払ってくれるのは、障害年金の方になります。傷病手当金を支払ってくれる所は、健康保険組合です。会社員になると健康保険に加入することがほとんどですが、その組合に加入していればそこから傷病手当金が出る仕組みになります。傷病手当金の準備としては、健康保険組合に提出する書類を書く必要があります。この時必要になるのが、医者の診断書になるでしょう。うつ病になった時、かかりつけの病院があるはずです。その医師に診断書を書いてもらうのが基本的な流れになります。診断書を書いてもらう場合には、\1000ほどのお金がかかってしまいますが、逆にそれ以上の金がかかることはありません。自分で勝手に診断書を書こうとすると、私文書偽造罪で訴えられてしまいますので要注意です。

Copyright© 2019 仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと All Rights Reserved.