仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと

生活に不安があるなら

診察

知っておくとよい情報とその特徴

精神病の人が増えていますが、なかでもうつ病の数が非常に増えている傾向があります。やはり多くの人が、何らかの悩みを抱えていることが理解できるでしょう。もし自分がうつ病になっていると感じる場合には、早く病院に行き対応策を考えた方がよいです。外傷など外から見た感じでは普通の人と違いませんので、病院に行くかどうか迷うところですが、会社へ行けない状態が長く続くようだと、生活する圧迫してしまうことも考えられます。もし、長期的に会社に通うことができない場合には傷病手当をもらうことも可能です。傷病手当自体は、大きな病気による入院や大きなけがなどで利用することが多いですが、実はうつ病でも利用することができることが分かっています。傷病手当を申請する場合には、国民保険ではなく健康保険組合に加入していることが必要になります。そのため、会社員などは健康保険組合に加入しているため傷病手当を申請することは問題ないでしょう。これに対して、パートの場合は加入している場合と加入していない場合がありますので事前に確認をしておく必要があります。

傷病手当はうつ病の時に出ることもわかりましたが、その特徴としてはもらえる期間が決まっていることです。支給を始めた日からスタートして1年半の間もらい続けることが可能になります。この場合、かなり長期的に休んでいる場合を想定しています。わずかな期間しか休んでいない場合には、その期間だけもらうことができ、だれもが1年半の間もらうことができるわけではありません。後は、どれぐらいの金額がもらえるのかが気になるところです。金額に関しては、人によって異なります。なぜかといえば、支払われるうつ病の傷病手当はその人が毎月もらっている給料によって変わってくるからです。法律的な言葉を使えば、標準報酬日額の3分の2もらえることになります。わかりやすく言えば、毎月の給料の2/3と考えてもよいでしょう。ただ、標準報酬との言葉があるのは、ボーナスを含まないことを意味しています。そのため、たくさんのボーナスをもらっている場合でも、傷病手当金の支給するときの基準にはなりません。

Copyright© 2019 仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと All Rights Reserved.