仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと

病気で悩んでいるとき

悩む男性

選び方や費用の相場

日本人の中でも、すでに110万人ほどいると言われているうつ病患者ですが、たいていどの会社にでもうつ病になっている人はいるものです。もしかしたら、自分自身がうつ病になる可能性も否定できません。このように考えれば、他人事ではないことが理解できるでしょう。もし、うつ病になってしまい会社に行くことができないレベルに到達したならば、生活ができなくなってしまう心配があります。このような場合には、傷病手当金をもらうことで生活をすることができるようになるでしょう。傷病手当金をもらう場合には、まず会社員などのように健康保険組合に加入している必要があります。健康保険組合に加入している必要がある理由は、そもそも傷病手当金を出すのは健康保険組合だからです。もし、傷病手当金をもらいたい場合には、診断書が必要になります。うつ病の診断書を書いてくれる病院の選び方は、すんなりと診断書を書いてくれる病院にスポットを当てるべきです。医者の中には、診断書を書こうとしない医師もいますので注意しなければならないところです。

うつ病が原因で傷病手当金をもらうことになった場合、どれぐらいの費用がかかるでしょうか。基本的に、うつ病にかかった場合は病院に行く必要がありますのでその費用は考えておかなければなりません。そうすると、傷病手当金のお金からうつ病の治療のための医療費が引かれることになります。1カ月当たり2回病院にかようとしても、\6000から\7000ぐらいの金額になるでしょう。果たしてこれで生活することができるかが問題ですが、そもそも傷病手当金は今までの給料の2/3しかもらうことができません。そのため、比較的ぎりぎりの生活になる可能性があるでしょう。今まで住宅をしていたならば、可能なかぎり切り詰めて生活をすることが必要です。もちろん、普段からの蓄えがあることが重要なのは言うまでもありません。やはりいざという時、蓄えがあると生活をするのもそれほどつらくはないでしょう。ちなみに、傷病手当金を申請するときの話ですが、診断書を書いてもらうためには\1000ほどのお金が必要になることも知っておく必要があります。

Copyright© 2019 仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと All Rights Reserved.