仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと

うつで働けない人も対象

ハートと聴診器

休職して給料がストップした時は申請しよう

今ではうつ病で会社を休む人も珍しくありませんが、休職状態になると給料がストップするため、明日からの生活がどうなるのか、金銭面での不安も抱えることになります。その状況で着目すると良い制度が傷病手当であり、受給が承認されると最大で1年半もの間、現金が得られるのです。実際に受け取れる金額は個々で相違しますが、これまでもらっていた月給の概ね3分の2ほどの額面がもらえます。このお金があれば精神科での治療代はもちろん、食費や家賃といった支払いにも充当できるため、給料が途絶えた時は頼りになる存在です。何より傷病手当を利用すれば職場を離れて治療に専念できますから、ストレスから距離を置けるぶん、うつ病も治しやすくなります。そして、傷病手当は一番初めに支給された日より1年半以内なら、再び受け取ることも可能です。例えば、精神科で治療を続けた結果うつ病が軽くなり、職場に戻ったもののうつ病がぶり返し、再度仕事ができなくなった場合も期間内なら傷病手当を受給できます。

3日間連続して就労できないことも受給条件なので、うつ病で傷病手当をもらいたい時も注意が必要です。この期間は待期と呼ばれており、もしも2日間休んで3日目に出社することを繰り返していれば、いつまで経っても待期が完成せず、受給資格を得られません。ただし待期は療養中で働けないことが条件ですから、休む日はとくに平日でなくても構わない訳です。つまり、3日間の療養期間に公休日や有給休暇が含まれていても、働けない状況であれば待機条件を達成し、4日目以降の欠勤が受給対象になります。しかし受給条件を満たしている場合でも、仕事を休んでいる時に給料をもらっていれば、傷病手当は受給できません。とはいえ休職中に支払われる給料が全額ではなく、傷病手当の給付額を下回っていれば、差額が受給できます。なので給料を受け取っているからと諦めたりせず、不足している場合は申請し忘れないよう注意しましょう。また、病気を治療していることも傷病手当の受給条件であり、保険診療のほか、自由診療や自宅療養も対象になっています。ですからうつ病なら自費扱いの心理療法なども対象ですが、自宅療養の場合は医師の証明が得にくいので留意が必要です。

仕事をすることが困難な時

悩む男性 うつ病の治療中に傷病手当金は働けない患者さんの味方となってくれます。手続き方法など確認して傷病手当金を受け取ることが出来ます。場合によっては、通院しながら治療を進めるよりも、休職して治療を進める方が安定した生活になります。

詳しく見る

生活に不安があるなら

診察 うつ病になり傷病手当金をもらう場合には、健康保険組合に加入していることが必要になります。そのためアルバイトなどはもらうことができません。もらえる金額は、毎月の給料の2/3程度で、最長期間が1年半ほどになります。

詳しく見る

病気で悩んでいるとき

悩む男性 うつ病が原因で会社に行くことが難しくなった場合、傷病手当金をもらうことが可能です。傷病手当金の申請をするには、診断書が必要になります。生活に必要な費用は、今まで通りの出費に加えて病院に通う費用が必要です。月に\7000ぐらい必要でしょう。

詳しく見る

病気の悩み解決

悩む男性 うつ病で傷病手当金をもらうためには因果関係の証明が必要です。この時、診断書が必要になりますのでしっかりとした診断書を書いてくれる医者を選びましょう。傷病手当金は、1年半しかもらうことができませんので要注意です。

詳しく見る

生活に困ったら

悩む男性 うつ病になり傷病手当金をもらう場合には、仕事によりうつ病になったという因果関係が必要になります。準備としては、医者に書いてもらう診断書が必要です。かかりつけの医者に診断書が必要な旨を話せば、\1000ほどで記入してくれるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 仕事を休んだ時にもらえる給付金の利用目的と気をつけるべきこと All Rights Reserved.